スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アロマtelas」 - 御徒町のマシュマロ泡マッサージ

「アロマtelas」(アロマテラス)は、上野・御徒町にあるマンション型ゲイマッサージ店。2012年に開業し、ウェブサイトに掲載されているボーイは5人程度。

このお店の売りは「マシュマロ 泡マッサージ」。「ホイップ状のふわっふわとろ〜っとろの泡でソフトに全身を包み、洗い流します。」とのこと。

なんだか気持ちよさそうだけど、値段高めじゃん。体型が整った筋肉好きにとっては、今一そそるボーイ君の写真も見当たらず。ほんとにそんな価値あるの?と思いながらも、まずは体験。

電話で予約。電話口の対応は、学生バイトのお兄ちゃんといった感じの言葉遣い。まあ施術が良ければ、どうでもいいけど。

本日予約可能なボーイ君は2人とのことで、そのうちから21歳のアユム君をお願いしました。ウェブサイトで体型と顔がほぼ確認できます。

指定の時間にJR御徒町駅から電話を入れ、お店までのナビを仰ぐ。お店は、御徒町駅から徒歩10分弱にある新しいワンルームマンション。山手線の駅から徒歩10分程なので、立地は悪くありません。地下鉄も使えます。部屋は普通のワンルームマンション。

他の多くのマンション型マッサージと違うのは、マッサージ用の施術台に加えて、部屋にソープにあるようなエアマットが置かれていること。ソープといっても、ノンケ風俗も体験した人でないと分かりにくいかもしれませんが、要はマットプレーができる空気の入ったマット。

アユム君は、明るく感じのよい子。笑顔で丁寧に迎えてくれました。かわいい系といえばかわいい系の男の子なのでしょう。ただ体がひょろっと細く、筋肉好きのボクとしては、ちょと残念な感じ。


流れは次の通りでした。
浴槽で自分で温まる → マットでの泡マッサージ → 一緒にシャワー → 施術台での指圧 → オイルマッサージ


まずは、ボーイ君が部屋で泡を作る間、バスルームの浴槽で温まって待ちます。お呼びがかかったら、部屋のマットで泡マッサージ。確かに、LANIの泡マッサージよりキメの細かいマシュマロ風の泡です。

パンツ一丁のアユム君に全裸で、とお願いすると「もうですか!」と言われながらも脱いでくれました。

上に載ったりしながら背中、表ともマットの上で泡でエロく撫でてくれます。会話も撫で具合も結構いい感じです。

泡でのマットプレイが終わると、二人でバスルームへ。泡を流してくれます。

バスルームには、ソープにあるようなスケベ椅子があります。スケベ椅子に座りながら泡を流してくれるのですがアユム君、ソープ椅子の使い方の要領を得ていない様子。せっかくあるのに。。。 まあソープに行った事ないでしょうから、お店で教育されていなければ使い方も分からないかもしれないけど。

部屋に戻って、施術台へ。指圧らしきマッサージは残念。まあ指圧はどうでもいいけど。

いよいよ性感のオイルマッサージへ。うーん。及第点ともいえるかもしれないけど、今一歩ですね。アユム君の容姿・体型が好みならば満足できるのかもしれないけど。


エアーマットでのマットプレイは、とってもイイけど、この内容とボーイ君たちの容姿レベルでは、この値段ではボクは再訪する気にはなれないですね。右にリンクもあるゲイ向けマッサージの某批評掲示板で、やたらとお褒めのコメントが多いのは、明らかに関係者によるやらせでしょう。

決して悪いお店ではないと思うけど、ゲイマッサージとしてのコスパを考えると、値段をもっと下げるか、ボーイ君の質をもっと上げるかしないとなかなかリピーターが増えないように感じました。これなら、ボクはLANIに行くなあ。



●90分コース 14,000円  ※体験時アユム君は新人割引で、これから1,000円引き
  (マシュマロ泡マッサージ+指圧+オイルマッサージ+性感マッサージ)



さて、次回は出張マッサージの新店について書きますね。


※あくまで個人の意見です。ご自身でお試し下さいね。

●アロマtelas 上野御徒町 -男性セラピストによる完全個室のプライベートサロン

●マネージャーのブログ
スポンサーサイト

テーマ : ●●同性愛●●
ジャンル : 心と身体

最新記事
カテゴリ
月別 記事

年月を選択

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Masa

Author:Masa
東京在住のMasaです。

ユーザータグ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク - 検索サイト・体験ブログ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。