スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編【韓国・ソウル】「夢(Mu-)タイセラピー」 - 韓流男子のタイマッサージ

※追記:当初実際の店舗名を掲載していましたが、一般向けに看板に掲げている実店舗名ではなく、ゲイ向けには下記の名称で行っているようですので、店舗名とホームページのリンク先を書き換えました。


このブログのタイトルは「東京・ゲイマッサージ体験」なので、東京とその近郊で受けられるマッサージの体験談を紹介しています。

でもたまには番外編として、その枠を外れることもレポートしてみましょう。

今回ご紹介するのは、韓国・ソウルのマッサージ店。
一般向けですが、マッサージ師は若い男性のみ。裏メニューとして、ゲイ向けの抜きありコースも。価格は東京の相場の3割から4割程度安い印象です。

ソウルへは羽田からの便も多く、2時間のフライト。時差もないので国内に行く感覚で東京からも気軽に出かけられます。宿の種類も豊富。神経質でない方なら、チムジルバンと呼ばれる大型サウナ施設で寝れば、風呂での全裸には羞恥の全くない韓国男子を目に、1,000円もかからず宿泊できてしまいます。フライト以外は何の予約もしないで、ふらりとソウルへ、なんてのも楽しいですね。


さて、今回足を運んだのは、ソウルのカロス・キルにある
夢(Mu-)タイセラピー
夢(Mu-)タイセラピー
(内部の写真)

右のリンクにあるブログ、赤ダルマさんの「いかがわしいマッサージの日々…時々、アタシ と トン ヨンベ」を参考に訪問してきました。(赤ダルマさん、ブログありがとうございます!) ただし、このブログの当該記事はアメーバの方針で削除されたり、メンバー限定公開となってしまったようです。

以前には、アジアのゲイ情報・口コミを掲載した「あじあ男湯紀行」の韓国・マッサージ掲示板でもこのマッサージ店についての書き込みがありました。

夢(Mu-)タイセラピーは、お洒落な店やカフェなどが続々とできている今注目のカロス・キル(「街路樹通り」の意味)の入口近くのビルの3Fにあります。末尾にお店のサイトへのリンクをつけたので、アクセス方法はそちらをご覧ください。

雰囲気はいいです。内部のレイアウトについては、この記事末尾で詳述。

マッサージ師は、若い(20代-30代)男性ばかりのタイマッサージ店。ゲイ専用というわけではなく、通常は一般向けです。ウェブサイトは日本語もあり、ヒロタさんという日本語堪能な方がいます。


今回ボクは、予約なしでふらりと立ち寄ってみました。
運よく、ヒロタさんがいらっしゃり言葉の問題もなく対応いただきました。彼、接客上手です。

結構一般向けに繁盛している様子。先客は日本人家族4人。その後、日本人のオバサマが2人連れで足ツボマッサージに入ってきました。帰り際には韓国人の若いカップルのお客さんが。

受付のソファーに座って観察したところでは、この時には5人くらいのマッサージ師さんがいました。みな20代から30代くらいの男性。メガネをかけた韓国人の学生という感じの男子が、そのうち2人くらいいたかな。もともと性的マッサージ店ではないので、イケメン・筋肉質ぞろいというわけではないです。

後でヒロタさんに聞いたところ、みなゲイかバイとのこと。

通常掲げられているのは、一般向けマッサージのメニュー。

ゲイ向けには「V.I.P.メニュー」というのがあります。値段は一般向けより高め。

このメニューには、V,I,Pの3つのコースがあります。
VコースとIコースは、70分で9万ウォン(約7千円弱)。
Pコースは100分で10万ウォン(約7.5千円)。

現金ではなくカード支払いの場合には、それぞれ1,000ウォン増し。東京のゲイマッサージの相場と比べると、3割から4割程度安い印象です。

ゲイ向けメニューを見せてもらうには、「インターネットの男湯で見た」とヒロタさんに言えば良いそうです。コース名を言ってもいいかも。ボクは、最初通常メニューを出された後、先客の対応が終わるのを待ち「男のブログで見た」と伝えたところヒロタさんが察し「V.I.P.メニュー」を見せてくれました。


今回は、100分のPコースをオーダー。
アロマオイルは4種類から選べます。

担当のマッサージ師は、Walter君という韓国人。背が高くがっしりとした体格で、おそらく20代半か後半。特別イケメンというわけではないですが、ちょっとガテン系でいい感じ。日本語は、マッサージに必要な最小限の言葉のみしかできません。英語は全然ダメでした。でも日本語で「ゲイですか?」との質問には、Walter君はっきりと「ゲイです。」との答え。こういう会話はできるんですね。

まずはロッカーで着替え、シャワーへ。
その後、V.I.Pコースは、奥の完全個室に通されます。扉が二重になっているので、個室内でのプライバシーは保たれます。

全裸でうつ伏せになって待っていて下さいね、とヒロタさんに言われ、しばらくするとWalter君が登場。アロマオイルを垂らして、丁寧に揉んでくれます。一般向けマッサージ店だけあって、施術はそれなりに上手。

いやらしく、股間やらアナルも背面からいじってくれます。

100分のPコースには、ハーブボールというのがついていて、ボール状にしたハーブの香りのする熱いタオルを背面や首・肩に押し付けます。これはボクはいらなかったなあ。次回は70分コースにしようかな。

仰向けになるときに、Walter君に全裸になってもらうよう、身振りを交えてお願いしました。Walter君、服を脱いで全裸に。ペニスは、大きな体格からするとちょっと残念な感じ。韓国人男子の多くがそうであるように割礼チンチンです。

最後の20分ほどは、お互い擦りあったり、Walter君が上に乗ってくっつけあったり。楽しみながらイキました。


ウォン安・円高の恩恵もあり、この100分のコースで8,000円もしないので、コストパフォーマンスは結構良かったかな。このマッサージだけのためにソウルに行く価値まではないと思いますが、ついでに寄るにはイイですね。

帰り際、ヒロタさんと少し話をしました。
ヒロタさん、日本語が普通に話せますが、明らかな韓国語訛りが。日本人ですか?韓国人ですか?と尋ねたところ「日系人です。」との答え。ちょっと?でしたが、他のお客さんもいたのでそれ以上は聞かず。

ゲイ向けにも今後宣伝したいと思うので、ぜひ広めて欲しいとのこと。
ただ、一般の方はどうなんでしょうかね。ゲイ向けサービスもやっていると知ると。このブログの投稿も書くべきかちょっと迷いましたが、ヒロタさんの言葉に背中を押されて書きました。

できれば、電話での事前予約がお薦めです。私は時間があったので、予約なしで立ち寄りましたが。


内部のレイアウトを補足すると、
上の文中の写真をクリックすると拡大画像が見られます。(写真は同店ウェブサイトより。)写真右側のソファー二組は受付や足マッサージ用。左側の入口に茶色のカーテンのかかる2つの部屋は施術台が複数並んだ一般施術用。写真では見えませんが、正面白い壁の裏側が上記のV.I.P.コース用の個室です。その扉を入ると小部屋があり、さらにその先にそれぞれ扉つきの二つの個室があります。


●Pコース 100分 10万ウォン(約7千500円)

※あくまで個人の意見です。ご自身でお試し下さいね。

●夢(Mu-)タイセラピー 【韓国・ソウル】

上記リンクは、ゲイ向けサービスのホームページ。看板に掲げている店舗名での一般向けサイトは別にあります。一般向けの店舗名は、通りの名前と「タイマッサージ」で検索すればおそらく分かります。

スポンサーサイト

テーマ : ●●同性愛●●
ジャンル : 心と身体

Masaのプロフィール

Masaさんのプロフは?とのご質問をいただきました。

30代、中肉中背でスジ筋。腹筋はほとんど割れてないけど。
性的志向はバイかな。男性との性的接触は、マッサージやハッテンバのみ。

東京在住の普通のリーマン。

ざっくりとしたプロフでごめんなさい。

「気楽」 - 御徒町アカスリ街の老舗アカスリ&マッサージ

御徒町のゲイ・アカスリ街とも言える通りにある「気楽」。この界隈には、数軒先に「Amigo」、通りの突き当たりには「癒し庵」と、3軒の男性アカスリ店が集まっています。その中でも「気楽」は、オレンジの目立つ看板で韓国式アカスリなどと大きく掲げているので、ひときわ目を引きます。

2年近く前に、御徒町と秋葉原の間のガード下スペースが再開発され、近代的な職工のショップが集うようになりました。その入口の一つがこのアカスリ通りに面しているので、人通りが多くなり、人目を気にするとちょっとだけ行きづらくなってしまいました。

たぶん1年ぶりの訪問になるかも、このエリアのアカスリ店へは。今回は「気楽」へ。

3店ともそれぞれ建物の1Fにあり、大きさも作りも似たようなもの。金額やサービスもそれほど大きな差がないので、店の良し悪しというより、当たるアカスリ師というかボーイの好みや技能の方がポイントとなるでしょう。

あえて違いを探すと、
・「癒し庵」-スタッフは全員韓国人。ボーイも受付も韓国人。系列店として、秋葉原(岩本町)に韓国ボーイの密着マッサージを売りにする「Rent Guy」(レビューはこちら)をこの夏にオープンした。バブルオイルマッサージコースもあり。
・「Amigo」- 日本人ボーイも多い。アカスリに代えてアロマ塩スクラブ+バブルマッサージを選ぶことができる。
・「気楽」-現在、スタッフは日本人中心。老舗的存在。洗体、洗髪あり。
(2012年秋現在)

アカスリということもあり、古くから韓国人ボーイが多く働いていたので、入管による手入れも時々入るよう。2年前に「気楽」は、その系列店「韓国館」(こちらは太ったおじ様ボーイ中心)とともに、入管により摘発されたことが報道されました。そんなこともあり、現在は日本人ボーイ中心です。

さてさて、今回の「気楽」のレビューです。


電話や受付の対応は、とても丁寧でフレンドリーな雰囲気を醸し出す日本人男性。申し分ない対応。
でも人目をはばかりながらやってきた人には、にこやかで細やかな接客で逆に戸惑う場合もあるかも。

当日電話で事前に予約をし、ボーイも決めておきました。

個人的には、ボーイ君との会話も楽しみたいので、日本語や英語があまりできない韓国人ボーイよりは日本人がイイ。それから割礼チンチンもあまり好きではないので、その点でも韓国人よりは日本人。

今回お願いしたのは、日本人のA君。20代で165x54、キックボクシングをしていて筋肉質というプロフ。


ロッカーで服を脱ぎ、自分でシャワーをした後、アカスリ前なのでまずはサウナに入ったり湯船につかったり。15分ほどしてA君が登場。湯船につかるボクに、氷入りの麦茶を笑顔で差し出す。

写真どおり腹筋が割れ締まった体。顔もカッコかわいい系で、当たり!を心の中で叫びました。年齢は20代終わりとのことですが、小柄でカッコかわいい系の顔立ちなので、もう少し若くも見えました。

まずはアカスリ台のうえに仰向けになり、アカスリ開始。A君は一生懸命、丁寧に擦ってくれます。細かいところはちょっと荒さもあるけれど、とってもイイ感じ。

うつ伏せでの背面のアカスリも終わると洗体へ。ボディーソープをかけられ、両手で撫で回しながら体を洗ってくれます。既に大きくなった股間も丁寧に擦られて気持ちいい!

お湯で洗い流してくれた後は、バスタオルでA君が丁寧に体を拭いてくれます。屈みながらチンチンもバスタオルで包み込むように。

腰にタオルを巻いて、マッサージ室へ移ります。マッサージ室は、完全に扉が閉まるので個室空間ではありますが、壁が薄いのでちょっと大きめの声だと受付にも声が。

90分の足裏つきのコース、まずは足裏マッサージから。その後、全身のオイルマッサージに移ります。

パンツも脱いでくれるか聞いたところ、快く全裸になって施術してくれました。オイルはまずは背面から。オイルにしては、力のこもったマッサージです。A君はマッサージ暦半年とのことで、特にツボをついた気持ちの良いマッサージというわけでもありませんが、力を込めて丁寧に押してくれます。

エロいタッチはなかなか。背面からも股間やお尻を触って楽しませてくれます。

仰向けになると、本格的にエロのモードに。乳首や股間への刺激が続きます。ボクもA君のチンチンをニギニギ。

最後は、ちょっと密着しながら気持ちよくイキました。

A君が拭き取ってくれた後、再びアカスリ台に戻り洗体。これもまた気持ちいい。アカスリ台に横になった体勢で髪も洗ってもらいました。さらに自分でシャワーをした後、A君がうやうやしくバスタオルで体を拭いてくれて終了。

最後に、ロッカーで服を着ると小部屋に誘導されます。そちらで飲み物をいただきながらA君とすこし話をして店を後にしました。


個人的にはA君、とってもよかったです。ただ、会話はあまり得意でない感じ。こちらから声を掛けると笑顔で答えてはくれるのですが、それ以上はあまり会話が続きません。ボーイ君と言葉のキャッチボールも楽しみたいボクには、この点ちょっと物足りなかったなあ。笑顔でやさしい雰囲気なので、嫌な感じは全くありませんが。

でも、カッコかわいい顔と筋肉質の体、丁寧なアカスリ・洗体・マッサージ(エロ)、満足度は高かったです。


●Bコース(アカスリ+シャンプー+アロマオイル(経絡)+足)  90分   1万1000円



※あくまで個人の意見です。ご自身でお試し下さいね。

●気楽 - 韓国式アカスリ & 韓国式マッサージ





テーマ : ●●同性愛●●
ジャンル : 心と身体

最新記事
カテゴリ
月別 記事

年月を選択

最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

Masa

Author:Masa
東京在住のMasaです。

ユーザータグ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク - 検索サイト・体験ブログ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。